婚約指輪を選ぶ基準

誓いのエンゲージリング人生の節目となる結婚。その約束の証として贈る婚約指輪。これからの生涯をともにする誓いのエンゲージリングは、心の底から納得のいくものを選びたいものです。よく芸能人が婚約会見等でみせる大きくハイグレードのダイヤモンドは憧れますが、高いものでは家が買えるような非常に高価な買い物です。大切なのは、多種多様なダイヤモンドの中から、ふたりに最もふさわしいダイヤモンドの婚約指輪を選ぶことです。

まずはダイヤモンドそのものの品質ですが、一般的に4つのCで評価されます。世界中でダイヤモンドの品質を評価する基準として、米国宝石学会の品質評価国際基準に基づいた”4C”があります。4Cとは、輝きを表すカット、次に重さを表すカラット黄ばみ具合を表すカラー石の透明度を表すクラリティの4つの要素のコンビネーションで評価します。

では実際の選び方ですが、見た目で一番わかりやすく、自分でもダイヤモンドの魅力を楽しむことができるのは、輝きを表すカットと大きさの目安となるカラットです。まずはカラットを優先して見た目にも大きなダイヤモンドを選びます。そして同じカラットの中から、より輝きが美しいカットの質の良いダイヤモンドを選びます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket